英会話の目的別学び方

Do you Understand Me

シーンが変われば使う英語も変わる!目的に合わせた学び方

英語を話せるスキルがあればコミュニケーションの範囲が広がりますし、得られる情報量も増えます。ですが、英語が話せればそれで良いわけではありません。実はシーンによって使う英語も、学ぶ方法も変わります。日常会話やビジネス会話でも使う英語が変わってきますから、目的が違えばその勉強方法も変わってきます。英会話教室でも、目的別で対策を行っているところも多く、必要なスキルも変わってきます。では、どんな勉強方法があるのかを説明していきたいと思います。
英語を使う上で、大切になってくるのが日常会話です。なので、海外旅行などを目的とする場合は、日常会話をマスターしましょう。英語の基礎が出来ていて、聞く、話すが主になってきます。文法の並びを理解し、聞き取り、話すことが日常会話に必要になってきますが、きちんと聞き取り、伝えるには英語の正しい発音を耳に慣れさせておかなければいけません。また、観光シーンや飲食店などのシーンをシミュレーションしながら英語の表現方法を学び、日常会話をマスターしていくと身につきやすいです。英会話教室以外などで、英語に触れる機会も増やしたい場合は、映画や音楽などから日常に上手に取り入れましょう。
出張や留学などを目的に英語を学びたい方は、ビジネス英語をマスターしましょう。日常会話に加え、読む、書くなどのリーディングスキルが必要になってきます。ビジネス英語は学ぶ範囲が広く、職種によって使う英語も変わってきます。ホテルなどの場合は、電話やメール対応のスキルが必要になってきますし、サービス業などの接客業の場合は、接客時の英会話スキルの習得、商談やプレゼンテーション時の英語力や時事英語の理解も欠かせません。ですから、電話対応やメール作成の仕方、英字新聞の読み方などを学びましょう。ビジネスではTOEICを受けておくのも有利になりますから、英会話教室で行っているTOEIC対策も視野に入れておきましょう。